どうすれば、あがり症から抜け出せるのか?

就職の面接で、緊張のあまり頭が真っ白になってしまった。

 

緊張で声が震えて、しかもどもってしまって上手く話せなかった。
大事な仕事のプレゼンテーションで、覚えたことが全く思い出せず、大失敗してしまった。

 

営業にいったものの、顔が真っ赤になり体が硬直してしまい、何も離せなくなってしまう。

 

人前にでると、体中の筋肉がこわばって、笑顔すらできなくなってしまう…。
人生の大事なところで、緊張のあまり上手く振る舞えない。

 

こんなあがり症の症状で悩んでいるのではありませんか?

 

そんな状況が嫌で嫌でたまらず、会社にも学校にも行きたくない。
人前に出たくないから引きこもり状態になってしまう。

 

もう、人生そのもの対人関係そのものが嫌で、うつ病にすらなりかけている。
もうあがり症のお陰で僕の、私の人生は台無しだと、頭を抱えていませんか?

 

さらには、それを改善しようとして高いお金を払ってカウンセリングを受けているのに、全く症状が改善されない。

 

しかも、抗不安薬などを処方されたが、逆にそれを飲まない時は不安感が強くなる。
さらには、それなくしてはいられなく依存症的状態にまでなってしまった。

 

そんな深刻な副作用に悩まされてしまう人もいます。

 

さて、この状況、いったいどうしたらいいのでしょう?

 

人生をあがり症のお陰で台無しにされたまま、引きこもっていくしかないのでしょうか?
そんなことはありません。実はあがり症に悩まされている人は世の中に大勢います

 

決してあなただけではないのです。その上、あがり症を克服して、
明るく前向きな素晴らしい未来を手に入れた人も大勢います。

 

そんな人達のノウハウを吸収することで、あなた自身も今の自分を抜けだして、
理想の自分に変身することが十分可能なのです。

あがり症である自分を見つめなおすことが何より大事

人前に出て、緊張してしまう、あがってしまうという経験は誰にでもあります。
人生において、人前でしゃべったりプレゼンしたりする機会は結構多いものです。

 

そういう時にあがってしまうということは、人間にとってむしろごく当然のことなのです。

 

では、他の人たちはなぜ赤面してしまったり、筋肉が硬直してしまったり、
声がうわずったりどもったり、頭が真っ白になったりしないのでしょうか?

 

それは、そのこと自体をあまり気にしていないからです。

 

逆にあがり症になってしまう人は「自分は今上手にできていない!恥ずかしい!」と
過剰に思ってしまって、それが緊張にますます拍車をかけてしまうってことになってしまいます。

 

これが悪循環となってあがり症の症状がどんどんエスカレートしていったのが、
現在のあなたの状況だといえるのではないでしょうか。

 

よく、緊張しないためには観衆をかぼちゃと思えと言われますが、
実はこれが真理をついているというふうに言えるのです。

 

かぼちゃ相手ならいくら失敗しようと赤面しようと、気にする必要はないのです。
そして、人の目を気にしなければあがる必要はありません。

 

この様な循環ができてしまえば、あがり症などじょじょに消えていきます。
つまり、そんな自分を受け入れることがあがり症克服の第一歩なのです。

 

でも、そんなことがそう簡単に出来るわけがありませんよね。
大丈夫、世の中にはそれを可能にする目からうろこのあがり症克服マニュアルがたくさん存在します。

 

しかも、それらは誰にでも出来る簡単なものばかり。
なぜかって?だって、世の中にあがり症を克服した人はものすごいたくさんいるのですから。

 

さあ、あなたもそれらのマニュアルを手にして先人たちに続き、明るい未来を手に入れてみて下さい!